アフラックの学資保険

アフラックの学資保険は時代のニーズに応えたもので、0歳児から将来の教育資金を保険料の形で積み立てるものです。保険料として払い込んだ金額は15歳の時に学資祝金、18歳の時に満期祝金として契約者に還元されます。

アフラックの学資保険ってなに?

保険といえば、生命保険・医療保険・入院保険・火災保険・地震保険・自動車関係の保険程度しか知りませんでしたが、保険会社もカストマーのニーズをよく調査・把握してその要望に応えようとしているんですね。

アフラックの学資保険のコマーシャルを見たときは、「え、何それ?」と思いました。子供の教育資金を準備することは、子供が生まれた時から始まる親の悩みですね。

狭い意味では教育費と言えないかもしれませんが、まず保育園費・幼稚園費、そして学校に入ると義務教育とは言っても結構かかる小学校・中学校の費用、さらに今は大学卒業が当たり前ですから義務教育終了後は高校・大学の教育費、加えて予備校などの塾費用と家庭にかかる負担は相当なものがあります。

一連の教育課程の中でも、高校と大学はやはり一番費用がかかります。

アフラックの学資保険はここに目をつけ、子供さんが高校・大学に進学する時に、苦労して教育資金を準備しなくてもすむように、子供が0歳の時から、一定額を定期的に保険として積み立ててもらい、高校あるいは大学に入学する時に、一時金として保険契約者に還元するシステムのようです。

因みに文部科学省の調査では、高校の3年間の平均教育費が155〜310万円、(平成16年度)大学4年間の平均教育費は250〜526万円、(平成14年度)だそうです。これ以外の費用が相当かかるでしょうから、これからは子供一人育てるのも大変だなとつくづく思います。

月々何千円かの保険料を納めるのは厳しいかも知れませんが、「備えあれば憂いなし」を家訓にして、小さいお子さんをお持ちのご家庭はアフラックの学資保険を検討することも選択肢のひとつだと思います。


保障内容を覗いて見ると

興味をひかれたのでアフラックの学資保険の保障内容についてチョット覗いてみました。

(1)仮に契約者となる私が男性で満30歳で子供が0歳だとすると月々の保険料5810円を払いつづけると、子供が満15歳になったときに30万円の学資祝金、18歳になった時に100万円の満期祝金がアフラックの学資保険から支払われるそうです。

この保険には保険料を決める際に2つの方式があるようで、保険料払込免除特則付きとそうでないものがあり、特則付だと契約者が死亡した場合にそれ以後の保険料を支払いしなくてもよいことになっています。

この5810円は特則付の保険料です。これを18年間払うと125万4960円ですから、受取金額130万円の戻り率は103%です。

戻り率が少ないように見えますが、対象となっているお子さんが万が一亡くなられたときは、それまで収めた保険金相当額が死亡給付金として支払われたり、契約者が死亡などした時にその後の保険料は支払わなくてよいのでそのリスクを見込んでいるものと思われます。

満期祝金は100万円から800万円まで、10万円単位で増額できます。契約者の年齢は男性の場合が満18歳から、女性の場合が満16歳からとなっております。アフラックの公式サイトに学資保険の保険料計算のシュミレーションがあります。

これを利用して、仮に私の年齢が20歳で子供(男)の年齢が0歳、満期祝金の契約金額を300万円にして、特則付で計算してみました。月払い保険料が17370円という結果になりました。この場合は、アフラックの学資保険から受け取る満期祝金が18歳時に300万円で15歳時の学資祝金が90万円ですから、総額390万円になります。

若い世帯にとってはちょっと厳しい保険料かも知れませんが、アフラックの学資保険をいざというときの特則がついた貯蓄保険と考えて検討する価値はあるようです。

ページのTOPへ