頭皮のかさぶた 対処法

頭皮にかさぶたができるのは、脂質過酸化物が皮膚の細胞を刺激してできる「脂漏性湿疹」が原因です。できてしまったら、早く専門医の診断を受けるとともに、食生活や生活習慣を見直して改善を目指しましょう。

どうして頭皮にかさぶたができるの?

ふけがひどかったり、円形脱毛症になったり、抜け毛がひどかったり、段々頭髪が薄くなってきたりすると頭皮に注意するようになりますが、普段はお風呂やシャワーを浴びてシャンプーで頭を洗う時位しか頭皮に注意を向けることはあまりありませんね。

でも、ある日突然頭皮にかさぶたができていることが分かると少しあせります。頭皮のかさぶたは治りにくく、治ったと思っても再発しやすいと言われています。

この頭皮にかさぶたができる原因として一番多いのが、医学用語で「脂漏性湿疹」と呼ばれるものです。アトピーに罹っている時にも頭皮にかさぶたができると言われています。

頭部・額・顔面・下腹部・腋の下など体には脂が良く出る場所があり、この場所にできる湿疹が「脂漏性湿疹」です。

紫外線または皮膚の表面についた細菌の酵素などが要因となって、皮膚の表面にある脂質が酸化されると、刺激性が強く皮膚にダメージを与える脂質過酸化物という物質ができます。

この物質が皮膚の細胞を刺激して湿疹となって現れたものを「脂漏性湿疹」と呼んでいます。細菌によるものとしては、マラセチアというカビ(真菌)が原因の一つにあげられています。

この他にビタミンB2やビタミンB6が欠乏したり、生活習慣も「脂漏性湿疹」を惹き起こす原因になります。唐辛子・辛子・わさびなど刺激性の強いものを好む人は、この湿疹に罹りやすいと言われます。このような食べ物は脂質の酸化を促進する作用が強いことがその理由となっております。


頭皮にかさぶたができた時の対処法

頭皮にかさぶたができてしまったら、この湿疹は治りにくいといわれておりますので、長くかかるかもしれないと覚悟を決めて、頭皮かさぶた対策を講じましょう。私の経験でもそうですが、水虫や頭皮にかさぶたができてしまった位では、皮膚科の専門医の診察を受けることはあまりありませんね。

でも、「たかが頭皮のかさぶた」などと侮ることは危険です。痒みなどを伴っていると、つい掻いてしまいますので悪化することもあります。早期診断・早期治療が一番大切ですので、できれば専門医の診断を受けられることが良いと思います。

湿疹ができた原因を診断してもらい、その診断に対応した治療を受ければ早く完治する可能性が大きくなります。専門医にかかる時間的な余裕などがない時は、悪化させないように自分で頭皮のかさぶたに対処しなければなりません。自分の過去の生活を振りかえってみることから始めましょう。

寝不足や暴飲暴食をしていないか、バランスよい食事をしているか、唐辛子など刺激の強い食べ物を食べていなかったか、シャンプーや毛髪料を変えなかったか等々頭皮にかさぶたができた原因を考えみます。辛いキムチを食べ続けているなどの習慣があればその習慣をやめて様子をみます。

ビタミンが不足していることが原因となっている場合がありますので、ビタミンB群を含む食品の摂取や栄養剤の補給も有効です。あなたがアレルギーであればビタミンB6が不足している可能性があります。紫外線防御対策もしっかり行います。シャンプーはマイルドで毛穴をきれいにする薬用のものを使うほうが無難ですが、頭皮のかさぶたを治癒させる効果は期待できないようです。

赤ちゃんは新陳代謝が激しいので、よく「脂漏性湿疹」にかかりますが、適切な対処をすれば治るのも早いです。この赤ちゃんへの対応の仕方が、大人にも有効であると言われますので試してみると良いでしょう。この対処方法は、入浴する15分程前に頭皮のかさぶたがある部分にベビーオイルをたっぷり塗ります。

こうすることで入浴時には、かさぶたがかなりふやけた状態になりますので、はがしやすくなります。無理にはがすことはしないで、気長にゆっくりとはがすことを何日間か繰り返すと頭皮のかさぶたはきれいになるそうです。害もなさそうですので、試してみるのも良いのではないかと思います。

ページのTOPへ