大腿神経痛の治療

大腿神経は腰椎の2・3番目の脊髄神経が集まって大腿の前と側面を司る感覚神経です。このため、大腿神経痛はこの神経が圧迫などによる傷害を受けて発症します。痛み止めの投与などでほとんどが軽快するといわれます。

大腿神経痛ってなに?

座骨神経痛という言葉は良く聞いたことがありますが、「大腿神経痛」という言葉を初めて聞いて、「座骨神経痛の一種ではないの」と勝手に推測していましたが参考までに調べてみると大分違うことが判りました。

腰から下の痺れや痛みはほぼ座骨神経痛によるものではないかと思っておりましたが、腰から下肢にかけて2つの神経系統があるそうです。

ひとつは勿論座骨神経ですが、これは腰椎の4番目の神経から下の脊髄神経が集まって、大腿の裏から下腿まで伸びている神経です。

もうひとつの神経は、腰椎の2・3番目の脊髄神経が集まって、大腿の前と側面を支配している神経で、これを「大腿神経」と呼んでいるそうです。

従って足の前面や側面にでる痺れや痛みは座骨神経痛ではなく、「大腿神経痛」と呼ばれます。これに対して座骨神経痛は、お尻から大腿の裏側、下腿などにでる痺れや痛みを言うそうですので、いままで座骨神経痛だと思っていた症状のなかに、大腿神経痛のものを含んでいたことが分かり、あまり知ったかぶりはするものではないことを痛感しました。

この大腿神経痛の医学用語は「大腿外側皮神経痛」と言われ、大腿の前と側面の感覚を司る大腿神経が傷害を受けて生じる神経痛のひとつです。


大腿神経痛の原因と治療

大腿神経痛は、腰椎部で大腿神経が圧迫されて、太ももの周辺に痛みや異常感覚が生じたり、きついコルセットや下着により皮膚を締めつけると発症すると言われます。また、肥ったり妊娠したりすると骨盤周辺の筋肉が緊張しますので、大腿神経を傷つけることがあるそうです。

医学用語で大腿外側皮神経と呼ばれているように、大腿神経は感覚だけを司る神経ですのでこの神経痛を発症しても、足が麻痺して上がらなくなったり、歩行が困難になることはないということです。症状としては、大腿の前面から側面にかけてヒリヒリしたり、感覚が鈍ったりするそうです。

治療法は、どの病気でも同じですが、圧迫の原因を突き止めてその原因を除くことです。同時に痛め止めを服用したり、ひどく痛む時は、局所の注射で痛みを軽減します。このような治療でほとんどの場合は治るそうですが、時には軽快しないこともあります。この場合は、変形性腰椎症や腰椎椎間板ヘルニアに罹っていることが考えられますので、精密検査が必要になります。

ページのTOPへ