下半身太り解消のエクササイズ

下半身は脂肪細胞が上半身より多いので太りやすいのです。下半身太りを防ぐには、意識して歩くようにして脂肪が多い食べ物は避けます。太った時の解消策は、有酸素運動を取り入れたエクササイズを長く続けることです。

下半身はなぜ太るの?

買物などで街を歩いていると、最近は男女を問わず肥満体の人を見かけることが多くなってきました。

原因は定かではありませんが、便利な世の中になったことによる運動不足や肉などを中心とした食生活あるいはストレスなども一因になっているものと思われます。

ところで、下半身は上半身より太りやすいといわれます。それは脂肪細胞数の違いにあると考えられています。

太る原因となる脂肪を溜め込む脂肪細胞の数が多ければ、当然太る確率も高くなるわけです。脂肪がたっぷり入った食べ物を食べて、余計な脂肪が体外に排出されなければ脂肪細胞にたまり、脂肪細胞がどんどん大きくなって下半身が太ってくるのです。


下半身太りしない普段の心がけ

下半身太りしない特効薬がそのうち出てくるかも知れませんが、太らないためには普段の意識の持ち方が大切です。補給したエネルギーがあまって脂肪として貯蔵されると太るわけですから、補給したエネルギーを全部使うように心がけます。

勿論食べなければ太りませんが、人間がもって生まれた食欲を抑えることは大変なことです。食べてもその分のエネルギーを消費することにすればよいわけですから、〇体内の脂肪を燃焼させる運動・有酸素運動を常に意識して、とにかく歩くことにします。

1キロ以内だったら車は使わないで自転車か歩きにする。〇食べ物では脂肪分が多いものはできるだけ避けることです。それと良く噛むこと。〇ストレスをためると新陳代謝機能が低下したり、やけ酒・やけ食いなどにつながりますのでストレスもできるだけためない。この3つを頭において生活するだけでも随分効果があります。

下半身太り解消エクササイズ

下半身太りを解消するエクササイズは数多くありますので、長続きがするものを選んで実行することをお薦めします。

下半身太りのためのエクササイズをジムなどでプログラム化して提供していますがお金をかけなくても、手軽に自分でできる下半身太り解消エクササイズをいくつかご紹介します。

(1)スクワットによる下半身太り解消エクササイズ:足を肩幅に開いて、ゆっくり腰をおろして2秒間静止して再びゆっくりと腰をあげる。

立ち上がった時は、お尻と太ももの筋肉を意識して引き締める。この動作を繰り返します。始めは10回程度の回数でも良いでしょう。慣れてきたら回数を増やしていきます。私の場合は1日につき1回増やすことにしています。

(2)段差を利用した下半身太り解消エクササイズ:階段などに足の土踏まずの部分まで両足をのせて立ち、ゆっくり背筋を伸ばしながらつま先立ちをする。これ以上伸ばせないところで2秒間静止する。

このときふくらはぎの筋肉を意識する。それから元に戻ります。このエクササイズも初めからあまり無理をしないで段々増やすようにします。20〜30回を毎日続けると効果が出てきます。

(3)踏み台を利用した下半身太り解消エクササイズ:これは皆さんも実践されたことがあるかも知れませんね。踏み台を用意してのぼったりおりたりします。単純ですから飽きないようにテレビでも見ながら実行しても良いでしょう。

ただ、足を踏み外して怪我をしないようにお願いします。有酸素運動として効果がありますので続けることでダイエットは勿論体の調子が大変良くなります。

(4)骨盤矯正体操による下半身太り解消エクササイズ:骨盤がゆがむと新陳代謝が悪くなって老廃物などがたまり下半身太りの原因になります。これを解消するエクササイズとして骨盤矯正体操が有効です。

一番簡単にできるのは、肩幅の広さに足を開いて腰に手を当て、少し膝を曲げて、頭は動かさずに左右に腰を回します。1日20回程度行うと外に出て歩いた時にまっすぐ直線的に自分が歩いているのを自覚することができます。

以上は私自身が毎日実行している下半身太り対策のエクササイズですが、このほかにも沢山ありますので、調べて自分にあったものを続ければ、1年後に見違える自分を発見できるでしょう。


ページのTOPへ