肝斑の原因と治療

肝班は30〜40代の女性に多く見られるシミの一種ですが、できる原因はまだ特定されていません。顔シミの治療に高い効果があるレーザー治療は、肝班の治療には効果が期待できず、内服薬や塗り薬が治療の基本です。

肝斑とは

あまり聞きなれない言葉かも知れませんが「肝斑」は「かんばん」と読む医学用語です。いわゆる「シミ」の一種で、皮膚にできる色素班のことです。

30〜40代の女性に多く見られるますが、稀に男性に現れることもあります。肝斑は目の外側のほほ骨付近、額や口のまわり、時には首にもできることがあります。

肝臓の形をしていて、左右対称、境界がはっきりした比較的大きなシミです。日本人は黄色人種でメラニン色素を多く持っていますので、肝斑ができやすい人種といえます。

皮膚の色が浅黒い人ほど肝斑ができやすいと言われています。


肝斑ができる原因

肝斑ができる原因は、今のところあまりはっきり分かっていません。紫外線・化粧品・ストレス・女性ホルモンなど様々な要因が引き金になるようです。

例えば、(1)紫外線は色素細胞であるメラノサイトを刺激して活性化させ、シミの原因となる多量のメラニン色素を作り出させます、(2)化粧品は自分の肌に合わないものを使ったりすると、メラニン色素を沈着させやすい皮膚になり肝斑の原因になります、(3)ストレスはホルモンの分泌と大きな関係があり、ストレスによる女性ホルモンの変化が肝斑の原因のひとつに考えられております、(4)女性の場合は妊娠や出産、更年期、経口避妊薬の服用などで女性ホルモンが変化して、肝斑ができる原因になったり、肝斑の色が濃くなったりすることがあり、肝斑が「ホルモンジミ」などと呼ばれるほど女性ホルモンと肝斑ができる因果関係が深いものと考えられております。

肝斑ができる代表的な原因といわれている例をあげてみましたが、もし肝斑が出てしまったら過去を振り返ってその原因を考えてみてください。これからの治療や予防に役立つものと思います。

肝斑の治療

肝斑ができてしまったら、元の美貌を取り戻すためには治療が必要になりますね。

レーザー光線を使った治療は顔シミの治療に有効で人気がありますが、肝斑の治療にはあまり有効ではないと言われております。

肝斑はシミのひとつですが、シミにはいろいろな種類があって、肝斑は体の内部から皮膚に現れてくるものであることがその理由のようです。

肝斑にレーザー光線を当てると一時的に肝斑が消えて元どおりの肌になることもありますが、多くは再発すると言われます。

肝斑をレーザー治療したら、肝斑が黒く変色してしまったなど逆効果のケースも報告されております。シミの種類によって治療方法が異なってきますので、シミができてしまったら、専門医のカウンセリングを受けるのが無難でしょう。

肝斑の治療は、一般的に飲み薬と塗り薬を併用すると効果があると言われております。かなり長期間実行しないと効果が出ないケーズが多く、効果が出てきた段階で治療をやめると、肝斑がまた濃くなってしまうなどの難点もあるようです。飲み薬はトラネキサム酸とビタミンCの併用、塗り薬はハイドロキノンやトレチノイン成分が配合されたクリームを使うのが代表的な肝斑の治療です。


ページのTOPへ