顔シミの原因と治療

顔シミは主に紫外線の影響でメラニン色素が大量に作られ排出されずに皮膚内に残留したものです。予防は紫外線防御対策を行い、できたシミはレーザー光線治療やシミ取りクリームで対応します。

顔シミはなぜできるの?

どんなに美しい顔型の女性でも、その顔に大きなシミがあると、顔の美しさが半分位割り引かれてしまいます。

女性の美貌を保つ上で大敵となっているこの顔シミはどうしてできるのでしょう?顔シミを作る原因は、一つだけではないようです。

熱・光線・理学療法・化粧品などがその原因と考えられる場合や妊娠や子宮の病気・慢性病・副腎の病気などの時に顔シミができることもあるといわれています。

中でも最近一番注目を浴びているのは、紫外線の影響によりできる顔シミです。顔シミの80%以上がこの紫外線によるものと推定されております。

人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織と呼ばれる3つの組織から出来ています。この3つの組織の一番上にある表皮の中にメラニンという色素を作り出すメラノサイトという色素細胞があります。このメラノサイトは紫外線などを浴びると活性化してメラニン色素を沢山作り出します。

これは紫外線から細胞の核を守るためなのですが、こうして作られた大量のメラニン色素は、新陳代謝機能が良ければ外に出されてしまい元の赤みがかった健康な肌を取り戻すことができます。しかし、歳を取ったり、体調が不良だと新陳代謝機能が衰えますので、メラニン色素が排出されないで皮膚の真中の真皮に残ってしまい、シミとなります。

顔シミはこのように新陳代謝機能の衰えなどで真皮に残ってしまったメラニン色素なのです。このように言うと「メラニン色素なんかいらない」と思うかも知れません。でも、メラニン色素は人間の体の色を司る重要な役割を果たしています。白髪になるのは、メラニン色素が作られなくなったためなのです。


顔シミの対策

顔シミを作らない対策は、顔シミができる原因を取り除くことです。紫外線対策であれば、紫外線を直接顔に浴びないようにする。帽子・日傘・サングラスなどいろいろなグッズが販売されていますね。それでも紫外線は四方八方から直接的・間接的にやってきますので普段の生活の中で完全に防ぐのは難しいですね。

紫外線カットのクリームが販売されていますので、使ってみても良いでしょう。私も使っていますが、効果を期待するには、かなり厚く塗る必要があります。また、スキンケア製品で、メラニン色素ができるのを抑制するビタミンCを含んだものが出ております。

ビタミンCは皮膚からの吸収効率が悪いと言われますので、ビタミンC誘導体を成分に含む製品がお薦めです。ビタミンC剤を常日頃服用することも効果が期待できます。かなり長期間の服用が必要です。対策の基本は新陳代謝機能を高め、出来たメラニン色素を皮膚内に残留させないことです。

深酒・夜更かし・ストレス・食生活・生活習慣・病気など様々な要因が代謝機能を低下させますので、食生活などを含めた日常生活を見直して要因となるものを除去するようにしましょう。でも、人間は勝手ですから、顔シミがない時は、多分このような顔シミ対策は気にとめないかも知れませんね。

顔シミが出来たのが分かって慌ててその対策を調べているのではないでしょうか。顔シミができてしまったら、レーザー治療で取り除いてくれる専門医療機関がありますので、どうしても気になるようでしたら、早めにカウンセリングを受けることをお薦めします。顔シミの種類によってはレーザー治療が有効でないものもあります。

また、顔シミの大きさによって、料金や治療方法・治療日数が異なります。きちんと納得した上で施術を受けてください。近年は薬剤・化粧品の分野も発展しております。顔シミに大変効果があるクリームが販売されておりますので手軽に試すことが出来ます。

シミの原因となるメラニンができるのを抑制する成分ハイドロキノンを配合したクリーム、抗酸化作用に優れているコエンザイムQ10を含んだクリーム、あるいはメラニンを作らせない3大有用成分を配合しているクリームなどです。

できてしまったメラニン色素の排出を促進して皮膚内に残留させないシミ取りクリームもあります。トレチノイン(Tretinoin)という成分を含んだシミ取りクリームです。このシミ取りクリームは欧米で一番人気があり、アメリカでは処方箋により購入するクリームです。説明書をよく読んで自分に合ったものを選ばれると良いでしょう。

ページのTOPへ