脇の黒ずみ 解消

脇の黒ずみは過剰に分泌されたメラニン色素が、新陳代謝により皮膚の外に排出されずにできます。予防対策は低下した新陳代謝機能の回復を図るとともに皮膚へ刺激を与えることを極力防ぎ、脱毛後のケアを行うことです。

脇に黒ずみができる原因

脇の下をカミソリなどで剃った後、皮膚が黒ずんで見えるので悩んでいる女性が多いようです。

この脇の黒ずみの原因になっているのはメラニン色素だと言われております。メラニン色素は主に紫外線に当ると皮膚の細胞の核を守るために分泌されるものです。

いわば皮膚の防御装置なのですが、過剰に分泌されたものが新陳代謝により外に出されないと皮膚内に残ってしまい青みがかった色素が沈着します。

これがカミソリなどを使って脇の毛を剃ったあとにできたのが脇の黒ずみなのです。新陳代謝機能が正常に働いていれば、メラニン色素が過剰に分泌されても、新陳代謝機能で28日程度すれば外に出されます。

体調が悪かったりストレスや生活の乱れなど様々なことが原因で新陳代謝機能が衰えるとメラニン色素が皮膚に残り黒ずみの原因となるのです。脇だけに限らず、顔などにできるシミも同じです。

紫外線を浴びることでできることが一番多いのですが、その他の皮膚への刺激でも皮膚細胞の防御機能は働きますので、断定的なことは言えませんが、カミソリなどを皮膚に何度も当てたために皮膚が刺激を受けて過剰なメラニン色素がその都度分泌され脇の下の皮膚に沈着したことが考えられます。


脇の黒ずみ予防対策

脇の黒ずみは、新陳代謝機能が低下していることが大きな原因ですから、遠回りのようでも、この機能を高めることが根本的な解決策になります。不摂生な生活をしていませんか?睡眠は十分ですか?偏食していませんか?必要なビタミンやミネラル類は足りていますか?ストレスは溜めていませんか?暴飲暴食をしていませんか?等々サルでもできる反省をしてみて、思い当たることがあれば、その改善を図ります。

そんな聖人君子の生活はできませんと思うかも知れませんが、その意識を持つことで生活態度も随分改善されるものです。自分の美を守るため「急がば回れ」が勝利を得る近道になると思います。

対症療法はあとで別の症状が現れたりして後悔することにもなりまねません。また、血行が正常でないと新陳代謝機能に影響します。きついブラジャーや肌を締め付ける洋服や下着はできるだけ避けたほうが良いでしょう。特に腕を締め付ける洋服は脇の黒ずみの原因になると言われますので黒ずみが出ている時は着ないほうが無難です。

脇の皮膚への刺激を避けることも黒ずみ予防の対策になります。カミソリは簡便ですが刺激が強いようです。カミソリ以外のディスクや毛抜き、除毛剤なども脇の皮膚は薄いので刺激になります。脱毛等の処理をした後は、必ずそのケアを行います。

ケアのローションとして体毛の成長を抑制するタイプのものが効果がある言われておりますので試してみて良いかも知れません。脱毛時などの刺激により脇の黒ずみができると考えられておりますので、黒ずみがなかなか治らないときは専門医療機関などでレーザー治療を受けられると良いでしょう。

ページのTOPへ