無添加シャンプーのおすすめ

無添加シャンプーは、一般のシャンプーで使われている合成界面活性剤が使われていないもので、洗浄・保湿・殺菌・抗炎作用を持ちます。腐敗しやすいので冷蔵庫に保管して、必要分を小出しで取り出すようにします。

無添加シャンプーてどんなもの?

加工食品、化粧品などで現在添加物が入っていないものを探すほうが難しい世の中で、無添加のシャンプーのコマーシャルを見て、一体どんなシャンプーなのだろうと興味をそそられました。

無添加というからには全て天然素材でできているシャンプーであろうことは想像がつきます。天然素材で作られているとすると、保存料も使われていないわけですから腐ってしまうのでは、と思いましたら無添加シャンプーはやはり冷蔵庫に保管しなければならないようです。

一般のシャンプーはほとんどが石油から作られていますので、汚れを落とす働きをもつ界面活性剤は石油系合成界面活性剤が使われております。

合成界面活性剤は、腐ることはなく、洗浄力も強いので良いのですが、毒性も強いため環境や生物に影響を与えます。肌が弱い人は肌が荒れることもあります。無添加シャンプーはこの合成界面活性剤が使われていないシャンプーのことです。


無添加シャンプーの種類

無添加シャンプーは、石鹸シャンプー・アミノ酸シャンプー・墨シャンプー・シルクシャンプーなどが代表的な製品のようです。私は抜け毛が結構激しいので、友人に薦められて墨シャンプーを使っておりますが、墨シャンプーが無添加シャンプーだとは知りませんでした。

2年程前アメリカに行ったときに、ケンタッキー州に住むアメリカの友人の奥さんに残った墨シャンプーをあげたことがあります。そうしたら彼女すっかり気に入ってしまったようで、日本に帰ったら買って送ってくださいと頼まれました。真っ黒な墨の色をしていますので、かえって髪が汚れてしまいそうな感じがします。

嫌がるかなと思いましたが逆でした。無添加シャンプーの中に石鹸シャンプーというのがありますが、石鹸と言っても固形ではなく液状のものです。

無添加シャンプーの効果

無添加シャンプーは、主成分がハーブ・海草・薬草などの植物成分で作られているものが多いので、シャンプーとしての役割である洗浄力は勿論のこと、保湿・殺菌・抗炎作用があります。

無添加シャンプーを使い始めたらしつこいニキビがなくなった・抜け毛が少なくなった・髪にしっとり感がでてきたなどの効果を多くの人が感じているようです。

墨シャンプーを使っている私自身、ひどかった抜け毛が収まりしっとりした滑らかな髪になることを実感しております。


無添加シャンプーの使い方

天然成分を使っていますので、腐敗する恐れがあります。大きなボトルのものを購入しましたら、小さな容器を用意して、使う分を小出しにして、大きなボトルは冷蔵庫に保管されると長持ちします。

初めのうちは使われているハーブの成分が良い香りを発していますが、次第ににおいがなくなり、別の成分のにおいがしてきます。この時点ではまだ腐っているわけではありませんので十分使えます。腐ってくると雑菌と混じり合って白濁化してきます。白濁化を始めたものは使わないようにします。

無添加シャンプーを使いますとぬめり感が気になる人がおり、良く汚れが落ちていないのではないかと、徹底して頭をシャワーなどで洗う人がいます。折角の効果がなくなりますのでやめます。洗う温水の量は、洗面器に一杯で十分です。

ページのTOPへ