二の腕痩せの運動

二の腕が太る原因は脂肪とセルライトです。二の腕痩せを実現するには、筋力トレーニングで二の腕に筋肉を増やして、不要な脂肪を取り除くことやウオーキングなどの有酸素運動、半身浴やリンパマッサージを実行します。

二の腕が太る原因

「夏がくると思い出す」ではないですが、夏が来ると海水浴などのレジャーがいっぱいあって楽しいですね。

でもその反面、女性にとっては服装や水着でノースリーブのものを着ると二の腕の太っているのが分かって厭だと思う人が多いようです。

そこで二の腕痩せの部分ダイエットに挑戦する。

結構なことですが、その前に二の腕が太る原因を知って取り組んだほうが、効果的で正しい二の腕痩せダイエットを実践することができます。

二の腕が太る原因の一つはご存知の脂肪です。二の腕には上腕二頭筋と上腕三頭筋と呼ばれる二つの筋肉があります。

上腕三頭筋は上腕ニ頭筋と違って通常の運動などで鍛えることが難しい筋肉ですので、この上腕三頭筋に脂肪がついてしまうと、燃焼させることが難しく、そのまま居座って、二の腕が太くなってしまいます。もうひとつの原因は、最近騒がれているセルライトです。

セルライトは、部分太りの大きな要因になっています。一度できてしまうと、通常のダイエットでは取り去ることが難しいと言われます。セルライトは脂肪細胞と老廃物が一緒になった状態のものです。あなたの二の腕にオレンジのでこぼこのようなものはできていませんか?できていれば、それはセルライトに違いありません。


二の腕痩せを目指すには

二の腕痩せを目指す方法のひとつは、二の腕に筋肉をつけることです。筋肉をつけると余計に太って見えるのではないかと心配されるかもしれません。筋肉をつけると今まで脂肪でぶよぶよしていた二の腕が筋肉で引き締められ、腕が細く見えます。

筋力トレーニングとしては、(1)壁を利用した腕立て伏せ、(2)鉄棒を利用した腕立て伏せ、(3)膝つき腕立て伏せ、(4)ダンベルを利用した腕体操などがあります。ダンベルを使ったトレーニングは、肩と二の腕の裏側を鍛えますので、二の腕を引き締めた効果で痩せて見えます。筋力トレーニングのほかに、有酸素運動を取り入れることも二の腕痩せ対策として推奨できます。

ウオーキングやストレッチ運動をして酸素を取り入れ、体内の新陳代謝を高めます。その後で筋力トレーニングをすると一層効果的です。二の腕痩せを目指すには、このような有酸素運動や筋力トレーニングをして脂肪を筋肉に置き換えることを試みる一方で、体内の循環を良くすることも大事です。

セルライトは脂肪細胞と老廃物が一緒になった状態であると書きましたが、この老廃物は体内に張り巡らされているリンパの機能低下で心臓の方に運ばれずに、体内に停滞したものです。リンパ液は血液と違い、体内で不要となった老廃物を回収して心臓近くまで運ぶ役割を担っています。

しかし、リンパ液は心臓のようなポンプアップをする機能を持ちません。人間の筋肉などの動きに刺激されて少しずつ動きますので、活動が活発でなく老廃物を溜めやすいのです。これを改善するには、新陳代謝を促すといわれるぬる湯での半身浴やリンパマッサージなども有効です。二の腕痩せという部分痩せを実現するには、あせらず、気長にかつ継続することが重要です。

ページのTOPへ