レカロシートの激安通販

レカロシートは、自動車運転など座ることから発生する腰痛を防ぐため、整形医学・人間工学を取り入れて開発されたシートです。オフィスやスポーツ施設にも取り入れられ人気を得ていますが、導入される時は十分な調査が必要です。

レカロシートとは

自動車を運転する人ならほとんどの人が知っているのでしょうが、そうでない人にはあまり馴染みのないレカロシート。

でも、これから車だけでなく、オフィスの分野にも進出してくる予感があります。レカロシートは、ドイツ生まれの自動車用シートです。

およそ100年ほど前の1906年にドイツで馬車の製造業者として出発したレカロ社でしたが、時代の進展とともに自動車のシャーシーやシートを手掛けるようになり、1963年に自動車のシートに特化した会社としてその地位を固めました。

我々は立っていて疲れると椅子などに腰を下ろしますが、座るという姿勢は極めて不自然なことをお分かりでしょうか?

座ると確かに足や膝は遊んでいる状態になりますので楽ですが、その分を腰が一手に引き受けているのです。立っている時より腰にかかるストレスは1.4倍になるといわれています。

飛行機のエコノミークラスの座席に座った人が、長時間すわり続けると下肢に血栓(血のかたまり)ができて、立ち上がった時にこの血栓が血流(静脈流)にのって肺に達し、肺の血管を詰まらせて起こる急性肺動脈血栓塞栓症をエコノミークラス症候群と呼んで問題になっておりますね。

座ったままの姿勢が如何に不自然で時には血流障害を起こして急死することさえあることを物語っています。レカロシートはこの座る姿勢に視点を当てて、腰の負担をできるだけ小さくするため「立つようにすわること」を実現したシートなのです。


レカロシートはなぜ人気があるの?

ヨーロッパを初め全世界で人気を集めているレカロシートは、自動車のシートを「立つようにすわる」ものにするという難題に取り組み、整形医学・人間工学を日々研究して腰に負担をかけないシートを提供しております。ヨーロッパでは医療用として腰の治療にも使われております。

腰の悪い人や運転すると腰が痛くなる人には最適のシートであるということができます。日本では腰痛に悩んでいる人が1000万人といる言われます。10人に1人が腰痛に悩んでいるわけです。私も一時運動を止めてしまった時に、ある朝突然腰痛に襲われたことがありますが、本当に辛いものですね。ベッドに紐をつないで、その紐にすがって起き上がるような状況でした。

それ以来、運動は休まずに続けるようにしております。自動車のシートをレガロシートにした人は、腰の負担が軽くなったと喜んでおります。最近は自動車のシートだけでなく、オフィスやスポーツ施設(日本ではフルキャストスタジアム宮城)にも取り入れられているようです。国民病となってしまった腰痛対策にこれからますます人気が出ることでしょう。

レカロシートを導入する時の注意点

レカロシートは、シート固定部がほぼ均一な形状で作られておりますので、汎用性が高いと自動車産業からも好評を得ております。

アフターカー市場では世界最高のブランドとしての地位を固めています。

しかし、導入される場合は、車内内装への干渉が起きたり、装着できない車種もあるようですので、十分な確認を取られてから実行されるようにしてください。

インターネットに「注意事項」や「マッチング情報」のサイトがありますので、参考にされると良いでしょう。


ページのTOPへ