冷凍痩身の口コミ

冷凍痩身法は人間の生体防御反応を利用して血行を促進し、新陳代謝機能を高めて老廃物を体外に排出することなどでスリムボディを実現するものです。代謝機能の向上によりむくみや冷え性の改善なども期待できます。

冷凍痩身ってなに?

冷凍痩身はテレビで取り上げられたそうなので、見た人は良くご存知でしょうが、テレビを見ていなかった人が聞くと「なに、それ?」と思うかも知れませんね。

まるで冷凍人間にでもしてしまうような言葉です。人間を冷凍にして50年後あるいは100年後に生き返らせる実験をしたらどうだろうなどという話を昔真面目な顔でしたことを思い出します。

冷凍痩身は、マイナス180度という聞いただけで体が凍ってしまいそうな温度の冷気を体に吹きかける痩身法です。

日本では今のところ1箇所しかこの冷凍痩身を実施していないそうですので、体験された人は希少価値のある人たちになります。

マイナス180度の冷気を扱うというので、どのような方法をとるのか興味をそそられて調べてみました。どうやら専用のカプセルがあるようで、そのカプセルに人間を入れて、マイナス180度の冷凍酸素を少しの間注入するそうです。

人間が凍ってしまうのではないかと思いますが、カプセルに入っている人はひゃっとして気持ちが良いと言いますので、冷凍酸素の量は少ないのでしょう。そしてこの冷凍酸素ガスの効果が残っている間に、ストレッチ程度の軽い運動をして冷凍痩身法は「おしまい」だそうです。随分簡単ですね。


冷凍痩身の効果

こんなに簡単な施術で冷凍痩身法は本当に効果があるの?ときっと誰もが思うでしょうね。驚いたことに冷凍酸素ガスを利用した痩身効果は確かにあるようです。冷凍痩身法は、人間が持つ生体防御反応を利用します。人間は何か外部から刺激を受けると、自分の身を守ろうとして防御反応が働きます。

その刺激の役割を冷凍酸素ガスが果たしているのです。冷凍酸素ガスが発する冷気を急に皮膚などに吹きかけられて体の防御反応が働きます。防御反応が働くと血行が良くなる。血行が良くなれば新陳代謝機能が向上する。

代謝機能が向上すると体内にたまっている老廃物が体外に排出されてスリムな体になる、という結果が期待できます。また、生体防御反応で体温が上昇して体内の脂肪を燃焼させたり、神経伝達やホルモン分泌など生体機能が回復することも期待できます。この原理を応用したのが冷凍痩身法なのです。

何かに驚いて、体が急にカアーと熱くなった経験はありませんか?これは生体防御機能が働いて、血流が活発になり、体温が上昇したものと考えられます。マイナス180度もの冷気は、人体に有害ではないかという疑問が沸きますが人体への影響はないと言われています。

冷凍痩身法はこのように生体防御機能を働かさせて生体機能の活性化を図るものですので、痩身効果だけでなく、むくみや冷え性などにも効果があるといわれております。実際に冷凍痩身を体験された人は、施術を受けた後は爽快感があり気持ちが良いと言っておりますので、試してみる価値はありそうですね。

ページのTOPへ