しわとりクリームで若返り

しわは、紫外線、肌の乾燥、肌の酸化、肌の老化などが原因です。しわを作らないためには、これらの原因を取り除くように努力するとともに、しわに有効なクリームを利用して肌の手入れをすることでも効果が得られます。

しわは何故できるの?

いつまでも若さを保ちたいのは人類共通の願いですね。でも歳を取ってくるといつのまにか顔にしみやしわができて鏡を見るのも厭になることさえあります。中には40代になっても20代と変わらない若さを保っている人もいます。

そのような人は人知れず目に見えない努力をされているのです。「努力をすれば報われる」ことは、若さを保つことでも同じです。その努力をできるだけ効果的に行うために、若さの最大の敵である「しわ」の原因を見てみましょう。

しわができる原因は、(1)紫外線の害、(2)肌の乾燥、(3)肌の酸化、(4)肌の老化の4つがあると言われています。紫外線が肌に当ると活性酸素が発生します。

本来活性酸素は、人間が呼吸をする時に酸素を取り込みその一部が活性化して殺菌作用を持ち、体内に侵入してきた細菌やウイルスを攻撃する重要な役割を果たしています。でも、増えすぎてしまうと細胞の遺伝子や蛋白質・脂質を傷つけます。

特に紫外線を受けて発生する活性酸素は有害で、皮膚の表面にある脂質と結合すると肌の細胞を酸化させ肌の老化が進むのです。肌の乾燥については、先天的に乾燥肌の人がいますが、多くの場合、加齢により脂質が衰えることや、石鹸・洗顔料などを使いすぎて脂質を少なくしてしまうことなどがあります。

乾燥肌は老化を速めます。肌の酸化は先ほどの活性酸素によって起きます。人間には元々活性酸素を除去する抗酸化物質(酵素)が備わっていますが、30代を過ぎると抗酸化物質が少なくなり抗酸化の能力が衰えると言われております。この他に人間の皮膚は、金属と同じように使えば使うほど磨耗していきます。

これらのことが原因となって、肌の老化が進み不用なしわができてくるのです。


しわ対策

しわの原因が分かれば、その原因を作らない対策を取ることで、しわの発生を防いだり遅らせたりすることができますね。

(1)不用な活性酸素を発生させる紫外線から身を守ること、(2)正しい洗顔やクレンジングを行うとともに、化粧水・美容液・乳液・クリームなどを利用して乾燥を防ぐこと、(3)肌の酸化をとめるため、抗酸化に有効と言われるカロテノイドやポリフェノールの成分を含む食品やサプリメントを摂取する、(4)不摂生な生活やストレスは老化を早めるので、暴飲暴食をせずに十分な睡眠と健全でストレスをためない生活を維持することなど自分でできることをどんどん取り入れていけば、それだけの効果を期待できます。

しわ取りクリームについて

残念ながらまだ不老不死の物質などは発明されておりませんが、医学の進歩により、しわ取りがクリームでもできる世の中になりました。

魔法のように一気にしわを取ってしまうクリームはまだ開発されておりませんが、「塗っただけでしわが取れたように見えるクリーム」「塗りつづけていると小じわが取れたり深いしわが目立たなくなるクリーム」などが代表的なものです。

段々歳を取ってくると、額・目じり・ほうれい線などにできるしわが目立ってきます。とりわけ女性にとっては、若く見られたい願望は強いと思います。

しわ取りクリームはこのような女性の願望に応えるものとして開発されつつあります。現在代表的なしわ取りクリームとしては、「リフタイト」という商品名のものがあり、これはアメリカで開発されたものです。

日本人向けに改良されたものもあり、塗っただけでしわ取り完了と思われるほど目立たなくなるそうです。使いつづけるとその効果の持続時間が長くなっていくという評判もあります。また、フランスで開発された「ロック・レチノール・コレクシオン・ディープリンクルナイト・クリーム」という長い名前で日本で売り出されているしわ取りクリームも寝ている間に深いしわ取りに効果があるようで好評です。

この他に、抗酸化作用があることで注目されているCoQ10(コーキューテンあるいは補酵素Q10)もしくはユビキノンを主成分とする製品がニベア社から発売されております。近い将来もっと効果のあるしわ取りクリームが開発される可能性大です。早めのケアで若さを保ちましょう。


ページのTOPへ