ソニッケアーの激安情報

ソニッケアはアメリカの特許を持つ電動音波歯ブラシで、一般の電動歯ブラシより3倍の振動数により取りにくい部位の歯垢も安全に除去します。歯の健康は体全体の健康に影響します。ソニッケアで歯周病を防ぎ健康な体を維持しましょう。

ご存知ですかソニッケアー?

ソニッケアーは日本でもかなり普及していますのでご存知の方が多いと思います。

ソニッケアーはアメリカのフィリップス社が特許をもつ電動歯ブラシのことです。な〜んだ歯ブラシか、と思われるでしょうが、そう思われる方は多分歯が健康に及ぼす影響を軽視しているのではないかと思います。

歯を守ることは健康な体を維持することの第一歩です。ソニッケアーは、世界の歯科の専門家が薦めております。個人の使用率が第一位と言われる電動音波歯ブラシです。

ソニッケアーは、(1)毎分31000回という超高速の動きをします。これは通常の電動歯ブラシの3倍の速さです。(2)ソフトな波型ブラシです。(3)幅広い振幅運動をします。

ソニッケアーのこの3つの要素はいずれもアメリカで特許を得ておりますが、この3つの要素が作用して、ソニッケアー独自のブラッシング効果を生み出し、歯にブラシを当てるだけで歯の大敵である歯垢を、手磨きより約90%も多く落とす優れものです。


歯と健康の関係について

虫歯などができて痛くならなければあまり歯が健康に及ぼす影響を考えないかもしれませんね。でも、歯は人体の最初の関所みたいなものですから、ここの健康が守れないと他の器官の健康も危うくなります。

例えば、糖尿病の患者は、そうでない人に比べて歯周病やその他の口腔内感染症にかかる率がはるかに高いというデータがあります。糖尿病と歯周病には相互関係があります。糖尿病になると歯周病が悪化し、歯周病があると糖尿病の治療がより困難になります。

糖尿病の人が歯周病や口腔内感染症に罹ると糖尿病でない人より速いスピードで悪化します。また、最近の調査では、歯周病を患っている患者に心臓疾患の患者が多いことが分かってきました。歯周病を起こす口腔内細菌が血流に入り込み、心臓に悪影響を起こすのではないかと考えられています。

歯周病に罹ったすべての人が心髄病に罹るというわけではありませんが、重度の歯周病に罹っている人は、脳卒中や心臓発作を起こす率が2倍も高かったという調査結果もあります。歯の健康を守ることは体全体の健康を守ることであることを十分認識する必要がありますね。

ソニッケアーの有効性

歯磨きでは、歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を除去することが決め手になります。

この歯垢の除去は極めて大切で、歯医者さんは、2〜3ヶ月に一度は歯科医院で歯垢を取るべきだと言います。

実証されているソニッケアーの効果として、(1)普通の歯ブラシで届かない部位まで歯垢の除去が安全にできる、(2)ソニッケアーが作り出す液体流動力により、毛先から2〜3ミリ先の生体内生成歯垢が除去できる、(3)歯科矯正を受けている患者の歯肉炎下の細菌が著しく減少したなどが確認されております。

毎回食事をした後に手磨きの歯ブラシを使って丁寧に歯磨きをしても、半年も経つと歯垢がたまり始めます。

歯垢の除去に歯ブラシの振動が有効と言われますので、高速振動を実現したソニッケアーの電動歯ブラシを使って歯垢のない健全な歯生活を始めることが人生80年時代を健康に生きる秘訣になるかも知れません。


ページのTOPへ