ティファニーの婚約指輪はコレ!

ティファニーの婚約指輪の人気は、3種類のダイアモンドや独創的・斬新的なデザインにあります。価格も特別なものを除いては、少し背伸びをすれば手が届くと思われますので、長く人気を博していることも頷けます。

なぜ人気があるのティファニーの婚約指輪?

ティファニーと言う言葉を聞くと、オードリーヘップパーン主演の「ティファニーで朝食を」がすぐ頭に蘇ってきます。

主題歌だった「ムーン・リバー」は今でも口ずさみます。でも、「ティファニー」は宝石店じゃなかったっけ?と思うのは私だけではないと思います。そうですね。

ティファニーにはレストランはなく、ニューヨーク5番街にあるティファニーは結構な身分の象徴ですから、主人公がその場所で朝食を食べるような身分を作者が例えたもののようです。

ティファニーと言えば宝石で有名ですが中でも女性に人気があるのが婚約指輪、婚約指輪と言えばティファニーと言っても良いほど女性に(男性にも?)人気があるティファニーの婚約指輪、なぜこんなに人気があるのでしょう。

1837年に創始者のチャールズ・ティファニーがニューヨークに文房具や骨董品を扱う店「Tiffany&Young」を設立してから、後に宝石を扱うようになって飛躍を遂げ、南アフリカで世界最大級のダイヤモンドを発掘したり、フランス皇帝の宝石を集めたりして「キング・オブ・ザ・ダイアモンド」と呼ばれるまでになったサクセス・ストーリーもさることながら、婚約指輪として提供している美しいダイアモンドに人気の秘密があるようです。


どのような婚約指輪なのでしょう?

ティファニーの婚約指輪の中でもひときわ人気の高いダイアモンドの婚約指輪。ダイアモンドや他の宝石を使った指輪を見て気がつくことは、ダイヤモンドなどが6本の立て爪で支えられております。これは「オープン・セッティング」と呼ばれるスタイルですが、ティファニーが最初に考案したものです。

宝石を美しく見せる独創性・斬新性を見ることができますね。パッケージはブルーのボックスにホワイト・リボンを使っています。

落ち着いた気品を感じます。そしてダイアモンドは、(1)ダイアモンドの表面と内部で白く輝く光を放つ「ブリリアンシー」、(2)パビリオンの内部に反射した光がきらきらとした輝きを放つ「シンチレーション」、(3)光がパビリオンで屈折して戻り表面から出る時にプリズム効果で7色に分散した輝きを放つ「ファイアー」の3種類があります。

ティファニーの婚約指輪のデザインもオーソドックスなものから個性的なものまで各種取り揃えています。結婚指輪と重ねてつけても映えるようにデザインされた「マリッジリングとのセット」、センターダイアモンドのほかにアームにも小さなダイアモンドを埋め込んだ「ゴージャスタイプ」、爪のないタイプや伏せこみタイプなどシンプルなデザインの「シンプルタイプ」などが人気です。

ティファニー婚約指輪の価格は?

婚約指輪の相場は30万〜40万円と言われています。

ティファニーの婚約指輪はブランドものですから、相当高いかと思いましたが必ずしもそうではなさそうです。

勿論1000万円を超えるものもありますので、セレブであればこの豪華版を付けることでステータス・シンボルになりますね。

ティファニーの婚約指輪で安いものは20万円から購入できるようです。50万円前後のものが一番良く出ているそうです。

50万円だと一般的な婚約指輪よりやや高いかなという気がしますが、ブランド名の価格は普通3割と言われますので、その意味ではまあまあかなと思います。このような価格面の配慮も人気の秘密かも知れませんね。


ページのTOPへ