座骨神経痛の原因と治療法

座骨神経痛は病気などが原因で座骨神経が刺激されて生じる痛みなどの症状を指します。発症原因が多様なため原因を突き止めてから薬物療法・理学療法・ブロック注射・手術などが行われます。人によっては鍼灸などの民間療法も有効です。

座骨神経痛とは

「座骨神経痛」という言葉は良く耳にしますね。激しいスポーツなどをやっている選手が座骨神経痛のため欠場という話は何度か聞いたことがあります。

この座骨神経痛ってどんな病気なのでしょう?実は座骨神経痛は、特定の疾患を指す病名ではないそうです。

腰部・骨盤部・太もも・ふくらはぎから足の末端まで非常に広い範囲にわたって座骨神経が通っています。人体で最も長い末梢神経なのです。

この座骨神経が病気などが原因で刺激されて生じる痛みや痺れなどの症状を座骨神経痛と呼んでいます。症状の範囲や出方は様々のようです。

多くの場合、臀部か下肢の左右どちらかに現れるといわれます。症状についていくつか例をあげてみますと、腰が痛い・臀部が痛い・太ももの裏が痛い・足が痛い・痛くて座っていられない・前かがみになれない等々多様です。


座骨神経痛の原因

座骨神経痛の原因は、多くの場合腰にあるといわれますが、転倒して痛み出したというような原因が推定できる場合はまだしも、ある日突然痛み出すようなケースも多くあり、原因の特定が難しいといわれます。

座骨神経痛を起こす主な疾患としては、(1)急性で激痛を伴う座骨神経痛の原因となる椎間板ヘルニア、(2)お尻にある筋肉のひとつである梨状筋が、スポーツなどでストレスを受けた結果座骨神経を圧迫するようになり症状が現れる梨状筋症候群、(3)背骨の中央にあり、神経が通っている脊柱管が狭くなって神経を圧迫し座骨神経痛の原因となる脊柱管狭窄症、(4)腰椎の分離やすべり、さらには、(5)腫瘍なども座骨神経痛を惹き起こすと考えられております。

女性の場合は子宮や卵巣、男性の場合は前立腺の腫瘍などから座骨神経を圧迫するものがあると言われています。原因が特定できないと効果的な治療ができません。座骨神経痛と思われる自覚症状がある場合は早めに専門医の診断を受けられたほうが治りも早いと思います。

座骨神経痛の治療

治療はその座骨神経痛はなにが原因で起きているのか特定することから始まります。

最近はCTやMRIなど診断機器の発達が目覚ましいので、脊椎分離症・すべり症・椎間板ヘルニア・腫瘍などその原因となっている病気の診断ができるそうです。

病院における治療の主なものは、(1)消炎鎮痛のための内服薬を中心とした薬物療法、(2)ホットパックや極超短波を利用した温熱療法あるいは牽引などを行う理学療法、(3)神経ブロックなどを目的としたブロック注射などの治療があります。

改善が見られなかったり、歩行困難を来たすような時は医師の判断で手術が実施されることもあります。

私のように病院が嫌いな人は民間療法に頼ることになります。民間療法としては、(1)ツボを刺激して治す鍼灸療法、(2)梨状筋の筋肉異常により起こる座骨神経痛に効果があるといわれるマッサージ療法、(3)人間が本来持っている自然治癒力を発揮させるカイロプラクティックや整体などがあります。

その他、急性期の座骨神経痛には向いていませんが、再発防止や予防に効果的と思われるヨガやストレッチ体操の類の運動療法、温泉療法や食事療法などいろいろありますので、自分に合ったものを選ぶことが免疫力を高めることにつながるものと思います。


ページのTOPへ